トップ >> 利用規約

Sポイントメンバーサイト利用規約

Sポイントメンバーサイトに対応するカードをお持ちの方であれば、どなたでもご利用いただけます。
対象カードについてはこちらをご覧ください。(一部対象外のカードもございます)

第1条 (目的)

本規約および特約は、阪急阪神東宝グループ各社が運営する会員組織に属する会員に対して、株式会社阪急阪神ポイント(以下「当社」といいます)が運営するホームページを利用することで提供されるサービスの内容とそれを受けるための条件を定めるものです。


第2条 (定義)
  1. 「阪急阪神東宝グループ各社」(以下「グループ各社」といいます)とは、阪急阪神ホールディングス株式会社、エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社および東宝株式会社並びに当該各社の各社有価証券報告書に記載されているグループ会社または各社がホームページで掲載しているグループ会社をいいます。
  2. 「会員」とは、グループ各社が運営する会員組織に属する者をいいます。
  3. 「Sポイントメンバーサイト」のサービス(以下「本サービス」といいます)とは、当社がグループ各社から委託を受け、当社所定のホームページ(以下「本ホームページ」といいます)において提供する第6条の内容のサービスをいいます。
  4. 「利用登録」とは、本サービスの利用を希望する会員が、当社に対して申請したうえ、当該会員が属する会員組織を運営するグループ各社(以下「当該グループ会社」といいます)および当社が、本サービスの利用を承認して利用者として登録することをいいます。
  5. 「利用者」とは、本規約および特約を承認のうえ申請し、当該グループ会社および当社に承認されて利用登録を完了した会員をいいます。
  6. 「登録情報」とは、利用者が利用登録時に申請した属性情報、Eメールアドレスその他の情報およびID・パスワードの情報をいいます。

第3条 (利用登録など)
  1. 利用登録を行うことができる者は、会員とします。ただし、一部の当該グループ会社所定の会員については利用登録できないものとします。
  2. 本サービスの利用を希望する会員は、本規約および特約を承認のうえ、当社所定の方法により、当該グループ会社の定める会員番号、パスワード、Eメールアドレスその他の必要事項を当該グループ会社および当社に申請するものとします。
  3. 当該グループ会社および当社は、前項で申請した者のうち、本サービスの利用を承認したものに対して、同人を特定する番号(以下「ID」といいます)を発行します。
  4. IDの発行を受けることで、利用登録の完了とします。
  5. 利用登録は、当該グループ会社の定める会員番号毎に行うものとします。同一の会員番号について再度利用登録を行った場合、従前のIDおよびパスワードは効力を失うものとします。
  6. 利用者は、当社所定の方法で申請することにより、本サービスの利用を中止することができるものとします。

第4条 (登録情報)

利用者は、Eメールアドレスなど登録情報の内容に変更があった場合、直ちに当社所定の届出を行うものとします。


第5条 (利用登録解除)
  1. 会員が利用登録解除をするときは、当社所定の会員登録解除ページで、所定の方法により、会員登録解除を行うものとします。
  2. 本サービスを利用することにより発生した会員の一切の債務は、会員登録解除があってもなんら影響なく、その処理に必要な限度でなお本規約および特約が適用されるものとします。

第6条 (本サービスの内容など)
  1. 本ホームページで提供する本サービスの内容は、主として以下のとおりとします。
    〔1〕当該グループ会社が提供するポイントの照会・合算・交換、Eメール配信、その他ポイントの蓄積・利用などに関する情報の提供
    〔2〕利用者の登録情報の照会・変更、キャンペーン情報の登録・照会
    〔3〕グループ各社に関する情報の提供
    〔4〕その他当該グループ会社および当社所定のサービス
    〔5〕当該グループ会社が提携する、または当社が提携する第三者(以下「提携先」といいます)による所定のサービス
  2. 当該グループ会社および当社は、本ホームページへの公開その他の所定の方法で利用者に通知することにより、本サービスの内容を任意に追加、変更または中止することができるものとします。その結果、利用者に不利益が生じても、当該グループ会社および当社は補償その他の義務を負わないものとします。

第7条 (本サービスの利用方法)
  1. 利用者は、本ホームページにおいてIDおよびパスワードを入力し、本規約および特約などに従うことにより、本サービスを利用することができるものとします。
  2. 当社は、入力されたIDおよびパスワードの一致を確認することにより、その入力者を利用者本人とみなします。
  3. 利用者は、本規約のほか、第6条1項の各種サービスにおける「ご案内」、「ご利用上の注意」その他の注意事項および別途定める規約など(以下本規約、特約、注意事項および規約を総称して「本規約など」といいます)を遵守するものとします。

第8条 (提携先サービス)
  1. 利用者は、提携先が提供するサービスを利用することができるものとします。
  2. 利用者は、提携先サービスを利用する場合、本規約などのほか、提携先の定める規約などに従うものとします。
  3. 当該グループ会社および当社は、提携先サービスの内容について一切責任を負わないものとします。

第9条 (利用者の管理責任)
  1. 利用者は、自己のIDおよびパスワードが本サービスまたは提携先サービスにおいて使用されるものであることを認識し、厳重にその管理を行うものとします。
  2. 利用者は、IDおよびパスワードの使用・管理について一切の責任を負うものとし、IDおよびパスワードを使用してなされた一切の行為について、自己が行ったものとみなされることを承諾するものとします。
  3. IDおよびパスワードが会員の意に反して第三者に知られた場合および失念した場合、会員は直ちに当社にその旨を通知して当社の指示に従うものとします。
  4. IDおよびパスワードが第三者に使用されたことによる損害は、利用者の故意過失の有無にかかわらず、当該グループ会社および当社は一切責任を負わないものとします。
  5. 利用者は、理由の如何を問わず、IDおよびパスワードを第三者に使用させてはならないものとします。
  6. 利用者は、自己のIDおよびパスワードが使用されて当該グループ会社、当社または第三者に対して損害を与えた場合、その損害を賠償しなければならないものとします。
  7. 利用者は、IDおよびパスワードが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を通知するとともに、最寄りの警察署に届出るものとし、当該グループ会社または当社からの指示がある場合にはこれに従うものとします。また当社への通知は、改めて文書で届出いただく場合があります。
  8. 会員は、次の行為を行わないものとします。
    〔1〕 会員が本サービスに情報登録を行う際、虚偽の内容を送信・登録する行為
    〔2〕 本サービスにより利用しうる情報を改竄する行為
    〔3〕 有害なコンピュータプログラムなどを送信または書き込む行為
    〔4〕 当該グループ会社、当社、提携先および第三者の著作権その他の知的財産権を侵害し、または侵害する恐れのある行為
    〔5〕 当該グループ会社、当社、提携先または第三者を誹謗・中傷したり、名誉を傷つける行為
    〔6〕 第三者の財産・プライバシーを侵害し、または侵害するおそれのある行為
    〔7〕 本サービスの運営を妨げる行為もしくはそのおそれのある行為
    〔8〕 公序良俗に反する内容の情報・文書・図面・音声・動画などを本サービス上で公開する行為
    〔9〕 その他法令に違反する行為もしくはそのおそれのある行為
    〔10〕その他、当該グループ会社および当社が不適当・不適切と判断する行為
  9. 前項各号に掲げる内容の情報その他当該グループ会社および当社が本サービスの運営上不適当と判断した情報が本サービスに書き込まれ、もしくは本サービスのリンク先に書きこまれた場合、当社は会員その他当該情報の書き込みを行った者の承諾なしに本サービスに掲載された当該情報を削除し、または本サービスに張られたリンクを解除することができるものとします。ただし、当該グループ会社および当社はこれらの情報の削除などをする義務および本サービス内の各ページにこれらの情報が掲載されているかどうかを監視する義務を負うものではありません。

第10条 (利用者の禁止事項)
  1. 利用者は、利用者として有する権利を、第三者に譲渡もしくは行使させてはいけません。
  2. 利用者は、本サービスの利用によって取得した情報を私的範囲内で利用するものとし、商業的に利用してはいけません。

第11条 (知的財産権など)

本サービスの内容、情報など本サービスに含まれる著作権、商標その他の知的財産権などは、すべて当該グループ会社、当社および提携先の権利者に帰属するものであり、利用者はこれらの権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為をしてはいけません。


第12条 (利用登録抹消)

当該グループ会社または当社は、利用者が次のいずれかに該当する場合、利用者の承諾なくしてその利用登録を抹消して利用者のIDを無効とすることができるものとし、また、当該利用者の本サービスの利用を制限することができるものとします。なお、この場合、当該グループ会社または当社は当該利用者に対する通知を行わないものとします。
〔1〕 当該グループ会社の運営する会員組織での会員資格(家族会員含む)を喪失した場合
〔2〕 本規約および特約のいずれかに違反した場合
〔3〕 利用登録時に虚偽の申請をした場合
〔4〕 その他当該グループ会社および当社が利用者として不適当と判断した場合

第13条 (利用者に対する通知)
  1. 利用者は、当該グループ会社および当社に届出たEメールアドレスを、第6条1項の本サービスに関連した、利用者に対する通知や情報提供に利用することについて承諾するものとします。ただし、利用者は、当社所定の届出をすることにより、必要通知を除くEメールによる通知、情報提供の中止を依頼することができるものとします。
  2. 当該グループ会社および当社に届出たEメールアドレスに対して通知や情報提供を行ったことにより、利用者または第三者に対して損害が発生した場合にも、当該グループ会社および当社は一切責任を負わないものとします。

第14条 (個人情報の取り扱い)
  1. 当該グループ会社および当社は、利用者が届出たEメールアドレスなどの個人情報をEメールによるダイレクトメールなど当該グループ会社および当社の通常の営業活動目的や利用者に有益と思われる用途に使用できるものとします。また、統計資料などに加工して利用できるものとします。
  2. 利用者は、当該グループ会社および当社が行う情報提供を、所定の方法で当社に申し出ることにより中止することができるものとします。
  3. 当該グループ会社および当社は、登録情報および本サービスの利用に関する情報などを個人情報として厳重に管理し、次のいずれかに該当する場合のほか、第三者に開示しないものとします。
  4. 〔1〕 利用者の同意がある場合
    〔2〕 法令などにより開示を求められた場合
    〔3〕 当該グループ会社および当社の権利または財産を保護する必要がある場合

第15条 (免責事項)
  1. 当該グループ会社および当社は、本サービスの利用に関し、その内容、情報などの完全性、正確性、有用性その他いかなる保証も行わないものとします。また、本サービスにおいて、当社が採用する暗号技術は、当社が妥当と判断するものであり、その安全性、信頼性などに関していかなる保障も行わないものとします。
  2. 当該グループ会社および当社の故意または重大な過失による場合を除き、当該グループ会社および当社は、本サービスの利用に起因して生じた利用者の損害について、一切責任を負わないものとします。

第16条 (本サービスの一時停止・中止)
  1. 当該グループ会社および当社は、次のいずれかに該当する場合、利用者への事前通知または承諾なくして、本サービスを一時停止または中止できるものとします。
    〔1〕 システム保守その他本サービス運営上の必要がある場合
    〔2〕 天災、停電その他本サービスを継続することが困難になった場合
    〔3〕 その他当該グループ会社および当社が必要と判断した場合
  2. 当該グループ会社および当社は、本サービスの一時停止または中止に起因して利用者に生じたいかなる損害について、一切責任を負わないものとします。

第17条 (本規約および特約の変更)
  1. 当該グループ会社および当社は、利用者への事前通知または承諾なくして、本規約および特約を随時変更することができるものとします。
  2. 利用者は、本規約および特約の変更後、最初の本サービスの利用をもって当該変更に同意いただいたものとします。
  3. 利用者は、本サービスの利用などに関する規約などがある場合には、それに従うものとし、本サービスの利用ができない場合があることを予め承諾するものとします。

第18条 (準拠法)

本規約および特約の効力、履行および解釈に関しては、すべて日本法が適用されるものとします。


第19条 (合意管轄)

本サービスの利用に関して当該グループ会社および当社と利用者との間に生じた紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


<STACIAカード会員特約>

第1条(定義)
  1. 「本カード」とは、株式会社阪急阪神カード(以下「阪急阪神カード」といいます)が発行するカードをいい、総称して「STACIAカード」と称します。
  2. 「カード会社」とは、本カードの機能としてクレジットサービスが含まれる場合に、提携しているクレジットカード会社をいいます。
  3. 「本カード利用者」とは、本カードの会員として本規約第3条の利用登録を完了した会員のことをいいます。
  4. 「既存利用者」とは、阪急阪神カードが本カードの会員に対し提供するサービスの内容とそれを受けるための条件を定めた「STACIAクラブ利用者規定」に基づき、「STACIAクラブ」のサービスを利用していた会員をいいます。
  5. 本カード利用者に対しては、本規約第2条4項に定義する「当該グループ会社」が複数社になる場合がありますが、これを株式会社阪急阪神カードとし、本規約および特約に対して適用するものとします。

第2条(利用の継続と登録解除)
  1. 「STACIAクラブ」は「阪急阪神ポイントサイト」の開始とともに終了し、そのサービスは「阪急阪神ポイントサイト」に継承されます。
  2. 既存利用者はSTACIAクラブを利用するに際して登録した属性情報、Eメールアドレスその他の情報およびID・パスワードが、「阪急阪神ポイントサイト」の利用にも継承されるため、新たな登録は不要であり、ID・パスワードは、「阪急阪神ポイントサイト」においても利用できるものとします。但し、阪急阪神第一ホテルグループSTACIA PiTaPa VISAカード会員については、阪急阪神第一ホテルグループメンバーズクラブのホームページから指定されたID・パスワードによって「阪急阪神ポイントサイト」の利用ができます。
  3. 既存利用者は、「STACIAクラブ利用者規定」第17条(本規定の変更)にもとづき、「阪急阪神ポイントサイト」を利用することで原則として、本規約および特約に同意いただいたものとし、本規約第2条に定義する「利用者」として本サービスを継続的に利用することができます。
  4. 既存利用者は、本規約および特約に同意いただけない場合には、利用登録を解除することができます。
  5. 利用登録の解除をするには、当社所定の会員登録解除ページで、所定の方法により、会員登録解除を行うものとします。
  6. 本サービスを利用することにより発生した会員の一切の債務は、会員登録解除があってもなんら影響なく、その処理に必要な限度でなお本規約および特約が適用されるものとします。
  7. 本条は「STACIAクラブ」の終了と「阪急阪神ポイントサイト」の開始に伴う際の既存利用者に関する継続内容等について定めたものです。なお「阪急阪神ポイントサイト」は2016年6月より「Sポイントメンバーサイト」となります。

第3条(本サービスの追加内容など)

本カード利用者は、本規約第6条の内容のサービスと併せて、下記のサービスを利用することができます。
〔1〕 カード会社が提供するご利用代金明細書の参考情報紹介
〔2〕 STACIA優待店に関する情報の提供
〔3〕 その他カード会社による、もしくはカード会社の提携する第三者による所定のサービス

第4条(個人情報の共同利用に関する同意)
  1. 本カード利用者は、本サービスを利用するに際して申請した個人情報について、下記のとおり共同利用することに同意するものとします。
    [1]共同利用する個人データの内容は、本規約第2条6項に定義するものとします。
    [2]共同利用の目的は、下記のとおりとします。
    ①共同利用する会社が正当な事業活動として行うもののうち、新商品、新機能、新サービス等の開発および市場調査、本カード利用者への宣伝広告物送付等の営業活動。
    ②共同利用する会社から本カード利用者へのサービス等の提供。
    [3]共同利用する会社は、本規約第2条に定義するグループ各社とします。
    [4]共同利用する個人情報の管理者は、阪急阪神カードとします。
  2. 本カード利用者から共同利用の停止をもとめられた場合は、原則として応じるものとします。また利用に同意しない場合でも、それを理由に本サービスの利用を停止することや利用登録解除の手続きをとることはありません。
  3. 阪急阪神カードは、共同利用する本カード利用者の情報について、共同利用する会社とその取扱いに関する契約を締結するなどして、本カード利用者の個人情報保護に十分注意を払うものとします。
  4. 本カード利用者のうち、既存利用者には、本条は適用されないものとし、本条を適用する場合には、改めて本条について同意をいただくものとします。

第5条(Eメールの配信と配信停止)
  1. 本カード利用者は、本規約第6条に定めるEメールの配信に関するサービスの他、本特約第4条の同意にもとづきグループ各社から配信するEメールによって、各種サービスおよび商品などに関する情報提供を受けることができます。
  2. 本カード利用者に対して本条1項のEメール配信が実施される場合には、その配信が不要な場合の配信停止手続きが、同時に可能であることを条件といたします。
  3. 本カード利用者のうち、既存利用者には、本条は適用されないものとし、本条1項および2項を適用する場合には、改めて本条について同意をいただくものとします。

2016年6月

戻る